感染症治療薬開発部門

デング熱、チクングニア熱は蚊が媒介する感染症で、それぞれデングウイルス、チクングニアウイルスによって感染します。これらの感染症は熱帯・亜熱帯を中心に流行しており、公衆衛生上世界的な問題となっています。感染症治療薬開発部門では、デング熱、チクングニア熱の診断と治療法の開発を目指し研究を進めています。

デング熱、チクングニア熱は熱帯・亜熱帯で流行が拡大している感染症で、デング熱はアジアを中心に、チクングニア熱アフリカ地域を中心に各地で流行が確認されています。日本でも、海外で感染した輸入症例が報告されているのに加え、2014年には東京を中心としたデング熱流行が発生しました。しかし、デング熱、チクングニア熱に対する抗ウイルス薬やワクチンは未だ実用化されていません。感染症治療薬開発部門では、デングウイルス、チクングニアウイルスに対する抗ウイルス薬の開発を行い、感染症の克服に向けて研究を行っています。

また、デング熱はI~IV型まで4種類の型が確認されていますが、それぞれの型で遺伝子の相同性が低く、さらに、異なる型に続けて感染した場合、重症化するという問題があります。研究室では、効果的な治療を実践するために、I~IV型を区別する診断法法の開発を行っています。

研究グループ

教授(兼) 塩田 達雄

論文

  • Capsid-CPSF6 Interaction Is Dispensable for HIV-1 Replication in Primary Cells but Is Selected during Virus Passage In Vivo. Saito A.,J Virol.(2016) 11;90(15):6918-35.
  • Roles of Capsid-Interacting Host Factors in Multimodal Inhibition of HIV-1 by PF74. Saito A., J Virol.(2016) 27;90(12):5808-23
  • Macaque-tropic human immunodeficiency virus type 1: breaking out of the host restriction factors. Saito A, Akari H. Front Microbiol.(2013) 9;4:187.